抜け毛が気になり始めたら、早く抜け毛にストップをかけるのがベストです。

現在は育毛剤やシャンプーなどのヘアケアの他に、生活習慣や食生活や過ごし方でも抜け毛はなくす事が可能です!

さっそく予防のための対策を始めましょう。

とはいえさまざまな原因を持つ抜け毛には、その対策もいろいろです。
まずはできることから始めて、総合的に抜け毛対策を行っていきましょう。

 

なぜ抜け毛が起こるのか?

だれにとっても抜け毛はとても気になる髪の悩み。
とはいえどうして抜け毛になるのか、その原因は人によりさまざまです。

男性と女性で原因は異なりますし、生活習慣が原因となって抜け毛がひどくなることもあります。

さらにはストレスや不安など心理的要因によって抜け毛が起こることもあります。

いずれにせよ症状を予防し改善するには、自分の抜け毛の原因について知ることが大切です。

原因にあった対処法を講じるなら、抜け毛を食い止め髪の悩みを解消することができるでしょう。

 

遺伝要素の説明

遺伝と抜け毛は関係すると言われています。
毛乳頭にある器官アンドロゲンレセプターが男性ホルモンを感知すると、毛母細胞の分裂が止まり抜け毛になりやすくなります。
この男性ホルモンに反応するアンドロゲンレセプターの感受性の高さは、遺伝によって決まることが分かっています。

さらに遺伝は男性ホルモンの分泌とも深く関わります

抜け毛を生じさせる男性ホルモンが多く存在するようになるかは、ある程度遺伝によって決まります。

ただし抜け毛の原因をすべて遺伝と決めつけることはできません。
実際遺伝が原因で抜け毛が生じる確率はそれほど高くはないのです。

 

男性ホルモン

男性ホルモンにはテストステロンやジヒドロテストテロンなどさまざまな種類があります。
テストステロンは筋肉を作り男らしい体つきにしたり、やる気を起こさせるなど大事な働きをします。

一方、ジヒドロテストテロンの分泌量が多いと抜け毛が生じやすくなると言われています。
これにはテストステロンをジヒドロテストテロンに変換させる物質、5α還元酵素も関係しています。

抜け毛が増えやすいタイプは?

5α還元酵素が生成されやすい人は、より多くジヒドロテストテロンが分泌されてしまうので抜け毛になりやすいのです。
とはいえどちらも体に必要なホルモンで、大切なのはバランスが保たれていることです。

 

食生活の影響

近年では欧米化の食生活により、脂っこい食事が身の周りにあふれています。

脂は大敵!

フライドポテトなどの揚げ物が大好きでよく食べるという方は要注意です。
脂っこい物をいつも食べていると、頭皮から分泌される皮脂が増え毛穴が詰まりやすくなります。
皮脂バランスが崩れてしまい、抜け毛などの頭皮トラブルが起こりやすくなるでしょう。

味の濃いものもNG

さらに味が濃い食べ物も要注意です。
塩分の摂り過ぎは肝臓機能を低下させ血流を悪くします。

頭皮の血流が悪くなると、毛髪に必要な栄養分が届きにくくなるので抜け毛につながります。
外食することが多い、また脂肪分や塩分を多く摂取するという人は注意が必要です。

 

生活習慣の影響

髪の毛のライフサイクルには、成長期と休止期、退行期という3つの段階があります。
発毛に関わる毛乳頭に栄養が送られなくなると、このサイクルは崩れやすくなり抜け毛が引き起こされます。

嗜好品も注意

食べ物の中には発毛を妨げるものもあります。

例えば、頭皮の皮脂を過剰分泌させる脂っこい食べ物として、揚げ物やファーストフードがあります。
カフェインの摂り過ぎも、発毛を促すアデノシンを壊してしまうと言われています。

血流が悪くなるものは髪の毛が抜けにくい

血流が悪くなると毛乳頭に栄養が届きにくくなるのですが、血流を悪くする原因としてはタバコや過度のアルコール摂取があります。

タバコに含まれるニコチンは頭皮の血行を悪くし、過度のアルコール摂取も肝臓機能を低下させて血流を悪くします。

その他、運動不足や過度のストレスも血流を悪くし毛髪に栄養が届きにくくなるので抜け毛になりやすいと言われています。

 

睡眠の影響

睡眠不足は体にさまざまな悪影響を与えますが、抜け毛もそのひとつです。
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、寝ている間交互に繰り返されます。

レム睡眠は成長ホルモンの分泌を促し細胞の再生を促します。

睡眠不足は栄養不足になり抜け毛が促進

しかし睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が妨げられるので、髪の成長に必要な栄養が毛根に届きにくくなりますし、細胞の再生も妨げられてしまいます。

さらに自律神経の働きが崩れやすくなるので、ホルモンバランスが乱れたり血流が悪くなったりします。
いつも睡眠不足の人は、朝起きると枕に髪の毛がたくさん付いているということもあるでしょう。

 

女性の抜け毛の特徴

最近増えているのが若い女性でも起こる若年性の抜け毛です。
このタイプの抜け毛は多くの場合、生活習慣の乱れが関係しています。
過度のダイエットや食習慣の乱れ、睡眠不足やストレスにより血行不良になり抜け毛が引き起こされるのです。

更年期の女性は要注意

その他、女性は更年期になると抜け毛の症状が現れることもあります。
更年期になるとホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの分泌が減少します。
エストロゲンは髪の成長を促す働きをするので、この女性ホルモンが減少することは髪や頭皮にとって不利になります。

また、更年期には毛髪が生え変わる力が弱くなるので抜け毛になりやすくなります。

 

抜け毛予防の対策

抜け毛を予防するためにはそれぞれの原因に合わせた対策を行っていくことが大切です。

食習慣や生活習慣が原因で抜け毛が起こる場合、まず自分の生活スタイルを見直すことから始められます。
ストレスにより抜け毛が生じる場合は、ストレスの原因を見極めることも大切でしょう。

抜け毛予防のために血行を良くしたり睡眠不足を解消することは、頭皮の健康だけでなく全身の健康にも役立ちます。
早めに対策を講じるなら抜け毛の悪化を防ぐことができますし、今薄毛になっている部分の改善が見られるようになるかもしれません。

 

食生活の改善

抜け毛を予防する食品を積極的に摂り入れるなら、髪が元気になり抜け毛も改善していくでしょう。
髪に良いとされるのは大豆イソフラボンです。

有名なイソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つので、イソフラボンをたくさん摂り入れることで発毛が促されます。
納豆や味噌、豆腐や豆乳などの大豆製品を食べると良いでしょう。

ケラチンもおすすめ

さらに髪の主要な成分はケラチンですが、亜鉛はケラチンの合成を促し髪の成長を助ける効果があるようです。
亜鉛がたくさん含まれるのは、海藻類や煮干し、牡蠣や豚レバーなどの食品ですので意識して摂り入れましょう。

 

睡眠

睡眠の質を向上させることは抜け毛対策のひとつの方法です。

睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されるのは、入眠後の3から4時間とされています。

この時間帯に熟睡するなら、脳下垂体から成長ホルモンがしっかり分泌されて毛髪の再生や成長が促されます。

成長ホルモンを意識しよう

さらに成長ホルモンは頭皮環境を整える働きもします。
皮下組織に水分を蓄えたり、皮脂バランスを正常に保つ働きをするのです。

そのため、成長ホルモンが分泌されるように睡眠の質を良くすることはとても大事です。

お風呂で体を温めたり、寝る前の激しい運動は避けるなどして快眠を目指しましょう。

 

生活習慣

抜け毛は体質や遺伝と思っている方も多いですが、実は食習慣や生活習慣が大きく関係しています。
特に毎日の食事は私たちの体を作る大切な要素。
栄養バランスのとれた食事を毎日心がけましょう。

運動は良いです

さらに運動を毎日の生活に取り入れることも抜け毛予防に役立ちます。
運動すると緊張がほぐれ全身の血流が促進されるので、頭皮環境も良くなります。
筋トレのような激しい運動をする必要はありません。

毎日20分程度ストレッチやウォーキングの時間を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
運動すると毎日ぐっすり眠れるので発毛効果も期待できそうです。

 

頭皮マッサージ

頭皮マッサージで抜け毛を予防できることはよく知られています。

抜け毛は頭皮の血行が悪くなって起こるので、頭皮マッサージをして血行促進するなら抜け毛を防ぐことができるのです。
頭皮マッサージには頭皮の細胞を活性化させる効果もあるようです。

マッサージをすることで頭部だけでなく全身の血流も良くなるので、健康にも数々のメリットがあるでしょう。

お風呂に入っている時におすすめ

お風呂に入っている時に指の腹でやさしくマッサージするのがポイントです。
頭を手のひらで包み、外側から頭頂部にかけてマッサージします。

首の後ろも押すようにマッサージすると良いでしょう。

 

ストレスをためない

ストレスを強く感じると全身が緊張して血流が悪くなり抜け毛につながります。
そのため抜け毛対策にはストレス解消が欠かせません。

リラックスする時間を作る

ストレスを軽減させるのは簡単でないかもしれませんが、できることとして毎日軽い運動をすることや趣味のための時間を作ることができます。
お風呂にゆっくり入ったり、好きな音楽を聞いてくつろぐことができます。

また、消極的あるいは悲観的に物事を考えがちの人は思考パターンを変えるよう努力しましょう。
自分や他の人に完全さを期待すると疲れてしまうので、大らかな気持ちを持つことができるでしょう。

 

正しいシャンプー方法

シャンプーをそのまま頭皮に付けて泡立てようとすると、頭皮は刺激を受けてしまいます。

またシャンプーの成分がしっかり洗い流されず頭皮に残ってしまいます。
必ず手のひらで十分に泡立ててから頭皮に付けるようにしましょう。
髪を洗い終えたなら濡れたまま放置してはいけません。
雑菌が増殖して頭皮に炎症が起こることがあるのです。

きちんと乾かすこと

それで、洗い終わったならすぐにタオルドライをして乾かします。
やさしくマッサージするようタオルで水分を吸収するなら頭皮マッサージもでき一石二鳥でしょう。
その後はドライヤーを使いしっかり乾かします。

 

良い成分のシャンプーを使う

市販のシャンプーには大抵、石油系合成界面活性剤が配合されています。

これは髪を滑らかにしたり清涼感を与える役目がありますが、強い洗浄力があるのも特徴です。
頭皮にとって必要な皮脂を取り除いてしまうので、皮脂バランスが崩れて抜け毛につながってしまいます。
そこでシャンプーを選ぶ際には、頭皮への負担が少ないアミノ酸系界面活性剤が配合されたものを選びましょう。

髪に優しいシャンプー

また、血行を促進する育毛成分が配合されたシャンプーも抜け毛を予防してくれます。
天然植物エキス配合など、髪や頭皮にやさしいシャンプーを選びましょう。

 

育毛剤を使う

抜け毛や薄毛が気になる方は育毛剤を使って対策を講じましょう。
育毛剤といってもさまざまな種類がありますが、大切なのは髪と頭皮にやさしいものを選ぶことです。
アルコール成分の入ったものは清涼感がありますが、刺激が強すぎるので炎症やかゆみが起こることがあります。

防腐剤や添加物入りはやめましょう

その他、香料や防腐剤などの添加物が入っている育毛剤は避けたほうが良いでしょう。
また配合成分を確認してから購入することも大切です。
センブリエキスやニンジンエキスなどの血行促進成分、頭皮に栄養を与える亜鉛などが含まれているかチェックできます。

 

サプリメントを飲む

発毛効果があるとされる数々の食品がありますが、そうした食品を毎日の食事で十分に摂るのは難しいことです。
そこで足りていない栄養分を補ってくれるサプリメントを活用できるでしょう。

頭皮環境を整えるものがベスト

サプリメントにもいろいろな種類がありますが、特に頭皮環境を整えたり育毛効果に着目したものを選ぶのがおすすめです。
マルチビタミンや銅、亜鉛や大豆イソフラボンが配合されたサプリメントを選ぶことができます。
ただし最も大切なのは食事で栄養を摂ることですので、バランスの良い食事をメインにしサプリメントは栄養補助食品として利用しましょう。

 

AGAに通う

抜け毛がひどくなってきたならAGAクリニックに通うこともできます。

AGAクリニックでは抜け毛の症状に合わせてさまざまな治療が行われます。
治療には内服薬が処方されることもあるでしょう。
ミノキシジルやプロペシアといった育毛効果が期待できる成分が配合されています。

毛髪再生医療

さらには毛髪再生医療もあります。
注射器で頭皮にビタミンや血管拡張薬を送り込み発毛を促すという治療です。

自毛植毛では後頭部などにある髪の毛を薄毛部分に移植する治療が行われます。
植毛後はヘアサイクルによって髪が生えてくるので自然な増毛が期待できるでしょう。

 

まとめ

このように抜け毛を防止する事は十分可能です。
生活習慣やストレス、食生活を改善しながら育毛シャンプーや育毛剤を活用していく事で抜け毛は防ぐ事が可能です!

まずはチャレンジする事から始めましょう!