お風呂上りに女性はショートヘアでもドライヤーを使って髪の毛を乾かします。
最近は男性でもそれが当たり前になってきています。

悪いドライヤーの使い方で抜け毛が促進する?

しかしそのドライヤー使い1つで薄毛になる可能性があるのです。
ドライヤーの使い方も正しい使い方、悪い使い方というものがありますから、自分の使い方があっているかどうかチェックしてみると良いでしょう。

もし抜け毛がストレスになっているのでしたら参考にしてください。

ロングヘアの場合が大変

ロングヘアの場合、悪い使い方をしている女性が多いようです。

まず100%乾燥するまでドライヤーを使っているというケースです。

一見、それが最も良いように思われますが、ドライヤーを毛にあてていると乾燥し熱を持ちます。
ロングヘアだと熱を持つ部分も広くなります。

その熱であとは自然に乾いてくれますから、ロングヘアの女性はドライヤーは8割程度にとどめて置き、特に根元はしっかり乾かして毛先は若干湿り気があるようにドライヤーを終えるようにしましょう。

さらに高温すぎるドライヤーもNG

髪の毛のキューティクルにダメージを与えてしまうので、頭皮や髪の毛によくありません。

高温でドライヤーをすると髪の毛のたんぱく質がどんどん壊れていきますから、自然と髪の毛が痛みます。

しかし、ドライヤーをないがしろにして班がワキの状態になってくると、逆に雑菌が繁殖してしまうのでよくありません。
ですから、8割程度の乾きがベストなのです。

ドライヤーテクニックを駆使しましょう

ドライヤーテクニックですが、自然乾燥とドライヤーを活躍させることでキューティクルを守りつつ、キレイに乾かすことが出来ます。

ドライタオルでしっかり水分をふき取る

まずタオルドライしてからあらかたドライヤーで髪の毛を乾かします

その後しばらくたってからまたドライヤーで髪を乾かします

しばらくの間は歯磨きをするなり、化粧水をつけるなりして、時間を稼ぎます。
その間に髪の毛はドライヤーでかけられた熱によって徐々に自然と乾燥していきます。

再びドライヤーをかけて時間を経過させる

そして乾燥したところに再びドライヤーをかけて、また着替えなどして時間稼ぎをして、最後にドライヤーで8割がた乾かせば充分です。

悪いドライヤーの使い方で抜け毛や薄毛、髪の毛が弱ってしまうのは悲しいことですから、あなたもツヤ髪をキープしたいのであればドライヤーの使い方をマスターしましょう。

正しい使い方をするだけで天使の輪も出来るのです。

温風、冷風を交互にするだけで出来るので、非常に簡単で分かりやすいです。
乾いてきたなと思った時に、ブローする感じで温風と冷風と入れ替えると髪にツヤが出るのです。