睡眠だけで抜け毛予防ができるの?と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。
実は睡眠が一番の抜け毛予防策だと知っていますか?

髪を育成させる時間

健康的に薄毛対策をしたいのなら一番は睡眠をしっかり取ることです。
夜10時~深夜2時は人の髪が一番生えやすい時間帯なのです。

成長ホルモンが多く分泌される時間帯なので夜の10時から深夜2時までに睡眠をとることで抜け毛予防に効果的だと言われています。

そうなれば必ずこの時間は絶対に寝ていたいと思うものですが、忙しい現代人はなかなか睡眠の時間が取れません。

ですがこの効果は何も毎日続ける必要もなく、週2~週3でも効果的なので是非試してみましょう。

まずは習慣ずけることが大事なので成長ホルモンの分泌が活発な時間に睡眠を取るクセをつけていきましょう。

睡眠時間というもは個人差があるので夜10時~朝7時、または朝4時~昼13時など様々な生活スタイルの人もいるでしょう。

副交感神経の働きを意識してみましょう

人の体は生活サイクルを記憶すると言われており、眠っている間活動する副交感神経もその習慣を記憶していくそうです。

寝ている8時間の間は最も薄毛対策には効果的で成長ホルモンの分泌も期待できると思います。

その逆に睡眠サイクルが乱れている方は睡眠時間は十分にとっていても副交感神経の活動が低いため成長ホルモンの分泌も低く効果は出せません。

規則正しい生活習慣を目指し、頭皮や髪の毛の健康を守っていきましょう。

寝る前に寝具をチェックしよう

頭皮の健康や薄毛対策なら寝る前の寝具を清潔にしてから眠ることも重要です。

睡眠前にシャンプーをして寝る場合、せっかく頭皮を綺麗にしても、寝具が汚れていることで雑菌が頭皮に繁殖してしまう恐れもあります。

特に寝る時にかかせない枕カバーはいつでも清潔にしておく必要があります。
多くの人が就寝中に汗をかくのですが頭皮から出る汗が枕につくことで細菌が増えてしまいます。

その菌や頭皮の汚れが要因で抜け毛の原因となってしまうこともあるのです。
皮膚環境を悪化させる頭皮の細菌は炎症に繋がったり頭皮のベタつき原因ともなります。

枕につく雑菌による頭皮環境の悪化で抜け毛、薄毛に繋がってしまうなんてもったいない話ですよね。

枕を洗うペースとしては3日に1度洗濯をして清潔にしておきましょう。

睡眠の質にも気配りを

寝ている間に脳から成長ホルモンという物質を出すのですが、この成長ホルモンは肌や髪、体の成長にはかかせないホルモンなのでたっぷりと睡眠をとらないと不足してしまうことも。

仕事が忙しかったりストレスによる不眠症で夜中に何度も起きてしまう人も多いと思います。

現代人はたっぷり睡眠をとることができないため成長ホルモンも不足しがちだと言います。
しかし体の健康、頭皮の健康のために良い生活リズムを作りましょう。

睡眠を十分に取ることは髪にとってとてもいいことなので半信半疑の方は実際に試してみてください。