薄毛の原因は日頃の運動不足に関係あるかもしれません。
薄毛にならないための運動法と対策を調べてみました。

ウォーキングで薄毛予防

運動不足が原因による髪のコンプレックスはどうしたら解決するでしょうか。
日頃の運動不足により髪に悪影響がでた場合、適度な運動を日常的に取り入れていきましょう。

しかし忙しい日々を送る現代人が断続的に適度な運動をすることは簡単なことではないと思います。

デスクワーク中心で日頃体を動かすことがないという方は朝ラジオ体操を取り入れてみたり、軽めのストレッチで対策できます。

運動不足が抜け毛の悪化に繋がってしまうと知ったら自然と習慣もついてくるのではないでしょうか。

有酸素運動が効果的

特に運動の中でも効果的なのは血流を促進すると言われている有酸素運動が良いそうです。
抜け毛予防策で毎日ハードな筋トレや運動をするよりも手軽に毎日の生活に取り入れやすいと思います。

有酸素運動はウォーキングなどで取り入れられますが、ウォーキングは体への負担も少ないのですぐに始められます。

ウォーキングにより血液の循環が正常になれば頭皮や毛根まで栄養を届けることが可能です。
しかし激しい運動をすれば血液の循環が良くなるわけではないので手軽な有酸素運動が適しています。

またウォーキング以外にも有酸素運動には水泳だったりジョギングもあるのですが、健康的で続けやすいものはウォーキングなので行っている人も多いでしょう。

毎日仕事があるという人はハードな運動が続けられず断念してしまうことも多いですが、歩くことでストレス発散にもなりますし、景色を見ながら無理なく運動ができると思います。

薄毛は日頃の運動不足が原因だった?

運動不足は薄毛や抜け毛などの原因となる理由はなんでしょうか。
それは運動不足によって体の血の流れを悪くすることが大きい理由です。

よく知られている知識では心臓が体内の血液を循環させているというしくみ。
しかし心臓だけが血液を循環させているのではなく、心臓から送られる血液は、血管の収縮運動により体の隅から隅へとまんべんなく運ばれていきます。

ですが日頃の運動不足によって血管の筋力が弱くなってしまうと血が毛根まで行き届かないため抜け毛の原因となり、結果的にハゲてしまいます。

体の中には優先順位というものが存在し、髪の毛は生命を守るための重要な場所ではないため、栄養素を送り込む順位が低くなってしまうのです。

運動不足が血流悪化の一因に

ですから最近髪が薄くなった、抜け毛が気になるようになったという方は運動が足りていないかもしれません。

運動不足は栄養豊富な血液を頭皮の毛細血管に送ることができなくなるので、こういった薄毛や抜け毛の危険性を招いてしまいます。

激しい運動ではなく、軽いウォーキングやストレッチでも効果があるので是非試してみてください。