髪は自然乾燥派という人も多いと思います。
でも実は髪を生乾きのままにしておくと抜け毛に繋がる可能性が高まるのです。

濡れている髪を放置すると薄毛になる?

髪を濡れたままの状態で放置しておくと頭皮や髪の毛にとって良くないのです。

髪が濡れていることでキューティクルが開いたままとなり髪がパサパサの状態に。

自然乾燥をした場合髪の毛や頭皮の毛穴などに完全に水分が無くなれば問題ありませんが、少しでも水分が残ったまま放置すると頭皮に雑菌が増えてしまいます。

そして生乾きの髪の毛は嫌な臭い残りがあります。
半乾きの洗濯物と一緒でそのままの状態で寝ると頭皮に雑菌が発生しますので頭皮の悪臭の原因ともなります。

菌によって頭皮が炎症することで抜け毛の原因にもなるので、いずれ脱毛症へと発展してしまう可能性があります。

髪の毛を乾かすことはヘアケアの基本

髪や頭皮のケアを間違えてしまうと抜け毛に繋がる大きな要因となってしまうので日頃のお手入れ方法を見直してみましょう。

さらに頭皮や髪の毛が濡れたままでいると頭皮の温度が下がるので水分の蒸発により頭皮の血行も悪くなります。

もちろん頭皮の血行が悪ければ髪の頭皮に栄養が届かなくなり元気な髪が生えてこなくなります。
ですので面倒がらずに夏場でもドライヤーを使って髪のお手入れをしましょう。

抜け毛にならないためのドライ方法

お風呂上りの正しいお手入れ方法で抜け毛予防が出来ます。

洗髪した後、タオルドライでなるべく水分を取り、タオルで髪をごしごしこするのではなく、髪の根元から水分を取るような感覚で頭をマッサージしながら行いましょう。

タオルを使って最後に髪を軽くポンポンと上から叩くように髪の水分を取ります。
ドライヤーをかける時ですが、最初は強風を使い髪の内側からしっかり乾かします。

ポイントは熱風を何度も同じ場所にあてるのではなくまんべんなく全体を乾かします。

同じ場所にあてすぎると頭皮が熱くなりすぎるので髪の毛にも悪影響がでます。
ある程度髪の毛が乾いたら冷風に替え、髪全体に軽くかけて終了です。

一番最後に髪の毛や頭皮に濡れているところがないかをチェックいて、乾いていない場所があればその部分をもう一度ドライヤーを当てて乾かします。

髪のキューティクルを守るためにしっかり乾かす

髪の毛が濡れた状態で寝ることで寝ている間に髪がこすれて抜け毛の原因となったり髪が傷んでしまいます。

しっかり乾いている髪ならば摩擦は出ませんが、髪が濡れている状態ですと、やはり髪の毛同士の摩擦が出てくるので大切な髪のキューティクルが破壊されてしまうのです。