抜け毛の原因には様々な要因がありますが、実はホルモンバランスの乱れから起きていることも。
ここでは抜け毛の理由とその対策法を探ります。

女性ホルモンと抜け毛

抜け毛の一番の原因は男女問わず加齢による抜け毛が多いようです。

その理由の1つは血管や毛母細胞が老化してしまったり、女性の場合ですとホルモンバランスが乱れが薄毛に繋がると言います。

大きなカギとなるのが女性ホルモンですが、この女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンというものがあります。
健康な方は2つの分泌が通常通りバランスを保つことができます。

2つの女性ホルモンのうち1つのエストロゲンは髪の毛の発育に非常に重要なのです。

髪の毛の発達を促進させるための効果を持つエストロゲンは女性にとってとても重要です。
しかし様々な要因でホルモンバランスが狂うとエストロゲンの量が減少してしまい抜け毛が増えていきます。

閉経前後に抜け毛が多くなる場合も

この現象が特に増えるのは40代~50代にかけて訪れる閉経とも関係があるようです。

閉経が訪れる前後に更年期障害が出てくる方もいると思いますが、この時期は卵巣機能が低下しエストロゲンも減ってしまいます。

しかしエストロゲン減ってくる理由は何も閉経だけではないそうです。
一般的にその期間が短いので抜け毛にまで発展しなかっただけの場合もあります。

長期間エストロゲンが減ってしまう現象が起きた時、薄毛になってしまうケースもあるようなので一度医師の診察を受けてみることをおすすめします。

抜け毛の改善策

では女性ホルモンの乱れを改善するにはどうしたら良いでしょうか。

例えば、就寝前にゆっくり体を動かして筋肉をほぐしてあげることで体がリラックスするのでホルモン分泌の命令が出されます。

緊張とストレスで頭皮も緊張してしまうことが多いため、頭皮マッサージなどで頭皮をしっかりほぐすことにより更にリラックス効果も出てきます。

温めて血流を促す

温めたタオルなどを首から頭の付け根を温めてあげることで肩こり改善にも効果的ですよ。
首を温めることで全身の血管が拡張するので全身が温まり、冷え性の方にもとっても良いです。

こうすることで血液の循環も良くなり髪にも栄養が行わたります。

また首だけではなく子宮があるお腹を中心に温めるようにしたり、夏場の場合クーラーや扇風機で冷えてしまうので特に気を付けてケアしていきたいです。

食事ですが様々な種類の栄養素をしっかり補給し、たんぱく質だったりビタミンEが含まれる食材をメニューに取り入れることで卵巣に効果的だと言われています。

食事もしっかりと噛むことで顎から頭にかけての血流も良くなり噛むという行為で自体がストレス発散にもなりますよ。