生活習慣病による抜け毛に悩んでいる方が増えています。
規則正しい生活、食事の見直しで抜け毛予防ができるかもしれません。

なぜ生活習慣病が頭皮に影響を与えるのか?

生活習慣病という言葉はみなさんよく耳にすると思いますが、 食生活が乱れていたり、睡眠不足が続いたりしている方は生活習慣病にかかりやすいと言われています。

過度なストレスをためたり、体に悪い生活を送ることで薄毛に一歩近づいている可能性があります。
生活習慣病は気をつけなければ薄毛に限らず大きな病気となるケースもあります。

生活習慣病には様々な種類があるのですが、中でも高血圧や肥満も生活習慣病の中に含まれます。
よくテレビや新聞などでも見かけることが最も多い生活習慣病の代表として心臓病、高脂血症、糖尿病、脳卒中などです。

このような病にかかってしまうと体内の血液サイクルが乱れ頭皮へ血液も届かずハゲてしまう人も多いのです。

毎日の不規則な生活の積み重ねにより生活習慣病となり薄毛に悩む若者も少なくないと言います。

飲酒習慣もあまり髪に良くない

またアルコールをよく飲む人も多いと思いますが、飲酒そのものは髪に悪影響を与えることはありません。

しかし一定量を超えてしまい泥酔するほどお酒を飲んでしまうことで頭皮の血液循環が悪くなりこれも薄毛に繋がる原因となってしまいます。

お酒は少ない量ですと体には良いものなので、日頃のストレスも解消されて頭皮の血流も良くなるのではないでしょうか。

健康的な食生活で脱毛対策

健康な毛髪を作るためには生活習慣病を起こすような食生活の乱れを改善させることです。

食事には脂っこい肉食系のものが多いという方はすぐに見直すことをおすすめします。

なぜならば脂っこい食事は血液中のコレステロール濃度を高めてしまい、毛乳頭に栄養が行き届かなくなったり、皮指の分泌を活発化させ脂漏性脱毛の原因ともなりうるからです。

栄養バランスを考えた食生活を

毛髪は硬いタンパク質でできていますが、良質なタンパク質を取ることが健康な毛髪を作るための基本です。

またビタミンAが不足することで皮脂の分泌が減ってしまったり、汗腺の働きも弱くなるので頭皮にとってはよくないことばかり。

頭皮にとって栄養を送ることが抜け毛予防となるのですが、その中でも動物性食品に多いとされる酸性食品と、アルカリ性食品をバランスよく摂取することが大切です。

ファーストフードだったり、脂っこいもの、刺激物、糖分などを摂り過ぎることで毛髪の成長を妨げたり、脱毛の原因となるので野菜を中心とした食事に置き換えたりしてみましょう。