ストレス社会で自律神経が乱れている人も多いと思います。
そんな自律神経が弱ってしまうと大事な髪にも影響が出てきます。

自律神経の乱れは頭皮の乱れ

ストレスにより自律神経が乱れ体調不良に陥りやすい人が増えています。

自律神経が乱れれば血行や栄養の循環も悪くなるので薄毛、細毛、抜け毛、脱毛症の原因にもなるのです。

症状としては毛など末端の酸素供給量が少なくなるので、頭皮も緊張して硬くなってしまい皮脂の分泌量も増えてしまいます。

自律神経が狂えば胃腸、免疫系統、神経系、毛などに影響が出てきます。
健康な髪の毛であるためにはストレスに強い体つくりが必要です。

毛球部という髪を育てる場所に栄養を届けるための血管を包んでいるのが自律神経です。
副交感神経が働くと血管が広がって交感神経が働くと収縮する仕組みです。

極度のストレスによりこの2つの神経のバランスが崩れた時に自律神経失調症という病にかかる危険性もあるのです。

髪の毛以外にも体の悪影響が出る

ホルモンの分泌が乱れれば消化器系の働きも悪くなるので思わぬアレルギーを引き起こすこともあります。
ホルモンの乱れも髪に大きな影響がでるのです。

毎日夜更かしをしていれば睡眠不足になり髪に大事な毛母細胞の分裂低下をも引き起こします。

このホルモンは髪の毛にとても大切なものなので、そのバランスが崩れてしまえば女性でも若いうちから薄毛に悩まされることもあります。

更に症状が進めば髪だけではなく、お肌の大敵ニキビなど肌トラブルを引き起こしたり、生理不順にも繋がります。

運動により体全体の血管循環を良い方向へと導き頭皮の髪への血流も増えるので、最近ストレスが溜まってるな・・・と感じたらアロマを炊くなどリラックスできる時間をつくりましょう。

ホルモンバランスと抜け毛の関係

ホルモンの影響で薄毛になってしまうことは男性以上に女性の方は特に不安だと思います。
自律神経の乱れを放置しておくと薄毛が進行したり体の不調へ繋がりかねません。

女性ならばホルモンバランスが崩れると生理不順になってしまったり、不妊症になるなど大変な影響が出てくる場合もあります。

また月経時の他、不正出血などの引き起こすこともあるので男性より女性の方がホルモンの影響力が高いと言えます。

体の不調は体内の血流やすべてのバランスが崩れてしまうのでもちろん頭皮の影響も大きいです。
ホルモンバランスがうまくいかなくなると自律神経失調症にもなりやすく様々な不調を招きます。

そのことがストレスとなり抜け毛が増えて行ったり頭皮ストレスにもなるので悪循環となります。
ホルモンバランスは不規則な生活習慣を変えるだけで体調が良くなったり、抜け毛改善にも繋がります。

サプリメントの活用もおすすめ

自分ではどうにもならないという方はホルモンの調節をしてくれるサプリメントも効果的かもしれません。

サプリメントは食事と比べて摂取量は少ないけれど、多くの栄養素が凝縮されているのでバランス調整には最適かもしれません。