タバコは百害あって一利なしです。
そんなタバコで抜け毛が促進してしまうことも・・・?

タバコと抜け毛の原因を調べてみました。

タバコと血行不良で薄毛に?!

タバコを吸うことで体内の血流が悪くなり重要な栄養素が行き届かなくなるというデメリットがあります。

中でもタバコを吸うと抜け毛が多くなるという原因としてタバコによる頭皮の毛細血管が収縮することで血流が悪くなってしまいます。

ニコチンはタバコに多く含まれていますが、頭皮の毛細血管が収縮してしまうので頭皮環境が悪くなってしまいます。

髪の毛へ送る栄養は血管を通すのでタバコにより血行が悪くなってしまうことで頭皮環境や髪の毛への影響が大きいと言われています。

タバコの煙には一酸化炭素が含まれているので赤血球からの酸素をも奪ってしまい血液が髪の毛に届かず血流が弱まってしまいます。

このように酸素や髪に重要な栄養源が届かなくなることで髪の毛の正常な育成をストップしてしまうのです。

禁煙が薄毛対策に繋がる

あまりタバコと薄毛には何の関連性もないように感じている人も多いと思いますがとても密に繋がっているのです。

抜け毛を予防したい、薄毛対策をしたいという方は血液からしっかり栄養素を届けるためにまずはタバコは控えた方がよさそうです。

そしてしっかりとした食生活を送り、今タバコを吸っている人は禁煙を考えるチャンスかもしれません。

女性の禁煙方法と薄毛対策

女性でもタバコを吸う人は多いと思います。
女性の薄毛の対策としては健康的な生活が第一なのですが、タバコを吸っている人は特に要注意かもしれません。

タバコによって食欲が減退してしまったり、ちょっとの運動でバテてしまうこともあります。
禁煙を始めた方はスポーツを始めることで健康的な薄毛対策に効果が出るかもしれません。

禁煙を始めた最初のうちは体がニコチン依存の状態になりやすいため非常にストレスが溜まりやすいです。
そんなときは打ち込めるものを見つけたり心身ともにリフレッシュすることで気を紛らわしたりしましょう。

適度な運動・ウォーキングがおすすめ

軽めで適度な運動は髪にも良い影響を与えるのですが、すでに抜け毛の症状がある人はウォーキングなどの運動を取り入れることで薄毛改善に効果的かもしれません。

適度な運動により体全体の血行バランスも整うので健康的な生活も取り戻せますよ。

ウォーキングを続けることで頭皮環境も整ってきて抜け毛が減ってくるケースもみられます。
特に女性は冷え性の問題を抱えている人が多いのですが、冷え性も血行不良を招きます。

血行がよくなってくれば頭皮への栄養を十分に届けられますし、お肌のツヤもよくなるので美容効果も高まります。